日本経団連、加盟社アンケートで94%が「のれん」の定期償却を支持

M&A の成果を適切に把握したり、企業経営に一定の規律を与えるなどの理由から、IFRS・米国基準でも、のれんの償却を復活させるべきと主張。

‪「ほぼ日」、ついに上場へ 「柔らかいIPO (株式公開)」は熱き挑戦か卑劣な方便か‬

「ほぼ日」の唱える「柔らかいIPO」とは? 問われる同社の株主コミュニケーション

みずほ・みずほ信託も債権差押申立のため全店照会を受けると、債務者口座のある支店名と残高を答えてくれるらしい

ここに来て、みずほ銀行およびみずほ信託銀行においても弁護士法第23条の2に基づく照会請求に応じるとのポストが岡口基一判事のFacebook 上で紹介されておりました。

津波から「すぐににげて!」と呼びかけながら、近距離の画はタダで欲しい報道機関の残念感

報道機関はSNS 等を通じて、容易かつ安価な情報を獲得できるようになりましたが…。

預金保険機構に1兆円の「埋蔵金」? 会計検査院の指摘は真っ当なのか

今回は、誤解も多く見られたこの「早期健全化勘定」について、もう少し詳しく眺めていきたい。

旧アブラハムHDの関連会社「ヘッジファンドダイレクト」、Wikipediaステマ疑惑で話題に

ウィキペディア事情には詳しくはない我々にとって、今回の炎上におけるキーワードは「靴下(ソックパペット)」である。

年末調整にかかる事務は税理士業務 「社労士はNG」と協議で決着

今年、社労士連と税理士会が4度の協議を行い、その業際認識について再確認するに至ったという。

クラウド保存の会計帳簿や電子メールが脱税調査の対象へ 国税にサーバー通じて情報筒抜けも

改正後は、サーバー保管の重要情報が、納税者の知らないうちに国税当局に筒抜けとなる可能性がある。

SuicaやPASMOなどの利用履歴、今後の税務調査で準備を求める動き強まる

今後は提出をしない場合、「トリプル・パンチ」を受ける税務リスクが次第に高まるのではとの見方も。

「会社設立 freee」、みずほ銀行口座開設と連携記念 使った感想をホンネで書いてみた

会社設立支援サービス「会社設立 freee」。実際の使い心地はどうなのか?

「積立NISA」の新設、デリバティブ取引の損益通算…金融庁、29年度の税制改正要望を発表

31日、金融庁は「平成29年度 税制改正要望項目」を公表した。 金融庁の平成29年度税制改正要望について:金融庁 各社の事前の報道通り、年間投資上限額60万円、非課税期間を20年間とする「積立NISA(現行NISAと選択制)」の創設などが、過去からの要望事項に…

「信用金庫界のヘッジファンド」と話題の高知信金 ついに預貸率は8.57%まで低下

業界関係者から『信用金庫界のヘッジファンド』と呼ばれる異例の存在が高知信用金庫だ。

英文和訳という『趣味』はいかが? 安西徹雄「英文翻訳術」

読みにくい英文を、自身の持てる技術とセンスを結集させて和訳するというのは、頭の体操にも趣味にもなるのではないだろうか。

会社の一大不正に切り込んだ新入社員が話題に 三菱自、燃費不正問題の社外調査報告書を公表

2005年2月当時の新入社員からも当該指摘がなされていたことが記載されていたことが話題となっている。

「牛丼を12週間毎日食べても健康リスクは増加しない」? 話題の研究論文がネット公開

吉野家の『冷凍牛丼の具』を毎日、12週間摂取した成人男女24名の健康指標を調査した話題の論文が公開されていた。