読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マクドナルド「地域別価格」終了で難解な「チーズバーガー連立方程式」出現と話題に

食品問題からの業績回復が遅れている日本マクドナルドは8年ほど行ってきた、地域ごとに異なる商品価格をつける施策を終了し、一部店舗を除いて統一価格を適用することを決定。

これに伴い、同社ウェブサイト上にて掲載することが出来なかった商品価格が、ウェブ上に戻ってくることとなりました。

www.mcdonalds.co.jp

 

この結果、戻ってきた価格表示の「とある一部分」に困惑を覚えるネットユーザーが出現。

その難題の解釈を試みる者まで現れているようです。

 

その、「とある一部分」を分かりやすく画像にしてみたのが以下。

f:id:call_me_nots:20151027144504p:plain

※2015年10月27日現在。全国の約40店舗(空港、駅・遊園地・サービスエリア・大都市圏の一部店舗)では価格が異なります。

 

セット用価格から逆算した結果こうなってしまったのか、食うヤツからもっとカネを取ろうと思ったのかは定かではありませんが、早くもTwitter上では「じゃあチーズバーガー2個食った方がボトムのバンズ1個分増えて80円返ってくるじゃねえか」との指摘がなされております。

以上、迷走するマクドナルドから、2015年の七不思議に数えられそうな「チーズバーガー連立方程式」の怪をお届けしました。